販売、啓発部門について

バイオテックは執行草舟の思想・理念に基づき、製品の研究・開発・製造・販売及び啓発活動を完全一貫体制で行なうという、独自の形態をとっています。その中で、販売・啓発部門は、(株)日本生物科学が担っており、菌食・ミネラル食品及びビーポーレン加工食品の販売及びお客様へのアフターフォローを、東京都千代田区麴町の本社ビルにて行なっています。現代の食文化における菌食・ミネラルの必要性の提唱を主軸に、1984年の創業時より全社員が製品ユーザーでもあり、お客様と共に人生を歩むという基本方針のもとに活動しています。健康面のみならず人生問題も含め「真に健康な人生とは何か」という問いと共に総合的なコンサルティングでお客様を強力にサポートし続けています。
 また啓発活動として、執行草舟所蔵の書籍の貸し出しや美術・出版などの文化活動のご案内も行なっており、東京の本社内には常設の美術展示フロアも設けられ、執行草舟コレクションをご鑑賞頂けます。「健全な肉体に健全な精神が宿る」との古代ローマの詩人ユヴェナリスの言葉が示す通り、積極的に菌食・ミネラル食品を採り入れて頂くことで、現代の汚染された環境からの有害物質の解毒と細胞の賦活を促し、肉体のバランスを取り戻します。そして、精神の糧となる出版・美術活動、また、二十世紀の産物である映像芸術の中でも生命燃焼に寄与する映画等を、執行草舟独自の見解を添えてお客様に推奨しています。

お客様の必要に応じて、総合的に販売・啓発部門の社員が接客し、基本的には対面でお客様の健康面他、気になることをご相談頂きながら健康アドバイスを行なっています。

  • 取締役社長室長 執行真由美(右:執行草舟長女)は、次世代を担う後継者として、販売・啓発部門、研究・製造部門、美術・出版活動を支えています。

  • 初代取締役営業部長の故・上原安紀子は、創業時より執行草舟の右腕として事業を支え貢献した社員ですが、平成二十四年に病を得て亡くなりました。事業を根幹より支えた上原部長の写真は今でも販売・啓発部門のフロアに飾られ、事業を見守っています。死後6年経た今もなお、執行草舟の親友であり続けています。