vol.17 展覧会アーカイブが新登場! | BIOTEC公式ホームページ vol.17 展覧会アーカイブが新登場! – BIOTEC公式ホームページ

メガヘルス通信

2019/08/30vol.17 展覧会アーカイブが新登場!

サラマンカ大学 日西文化センターにて「いま、ウナムーノを問う」展 オープニングにて

 

 本日は、過去の美術展の画像や情報を楽しめる「展覧会アーカイブ」を公開致しました。麹町での常設展のみならず、外部会場で行なった展示も一挙に見て頂けます。
 なかでも、スペインはサラマンカで昨年開かれた「いま、ウナムーノを問う」展は日本のファンの方でも見ておられない方が多いと思いますので、特に見応え充分なのではないでしょうか。この展示の期間、私も海を越えて現地へ渡り、記念式典出席は勿論のこと、展示のアテンドやPR活動等も行なっていたので、アーカイブの写真を見ると懐かしい気持ちになります。
 この展示の内容としては、サラマンカ大学の総長でもあったウナムーノの思想とスペインを愛した日本人画家である戸嶋靖昌の絵画のコラボレーションでした。サラマンカの街の人々は、街のヒーローであるウナムーノの本を読んだことはあっても戸嶋の絵には初めて触れるという状況。果たして反応は…!?というと、なんと、ウナムーノに造詣が深い方ほど興奮して何度も展示に足を運んで下さるという結果でした。彼らが口を揃えて言っていたのは、「戸嶋の絵からはウナムーノの思想が色濃く滲み出ている。このようなスペインの魂を描いた画家がスペイン人ではなく日本人だったとは驚きだ!」というもの。戸嶋は実際、ウナムーノの著作をスペイン語で何冊も愛読しており、強い影響を受けていたのですが、それが画布から伝わるというのです。この展示に関わった私たち日本人にとっても、この展示を見たスペインの方々にとっても、戸嶋とウナムーノを通して両国の垣根が消えて、心が通じ合えた瞬間でした。
 他にも、多くの展示を展覧会アーカイブでご覧になることが出来ます。今後も各展示期間終了後にアーカイブ更新を随時行ってまいりますので、どうぞお楽しみに。

 

展覧会のオープニングに来てくださった皆様
一覧へ戻る