社長 執行草舟プロフィール

執行草舟(雅号)、本名:執行祐輔。
昭和25年東京都生まれ。立教大学法学部 卒業。実業家、著述家、歌人。
日本菌学会終身会員。三崎船舶工業株式会社を経て、1984年にバイオテック株式会社(現・(株)日本生物科学、(株)日本菌学研究所)を設立、代表取締役社長を務める。独自の生命燃焼論に基づき事業を牽引し続けている。また現在では執筆活動も精力的に行い、多数の著作がある。執行草舟コレクション主宰、戸嶋靖昌記念館館長。

著書に人生論『生くる』、詩歌随想集『友よ』、哲学・思想エッセー『根源へ』(以上、講談社刊)、戸嶋靖昌の芸術作品とその生涯を紹介した決定版『孤高のリアリズム』、独自の芸術思想が語られた『憂国の芸術』、様々なテーマから「生命の燃焼」論を語り尽した『生命の理念』、若き現役医学生と文学・哲学・宗教・生命論等を真正面から語り合った対談本『夏日烈烈』(以上、講談社エディトリアル刊)、本のソムリエ・清水克衛氏との対談本『魂の燃焼へ』(イースト・プレス刊)、人間の老いについて語った共著『耆に学ぶ』(エイチエス刊)、「憧れ」への果てしない想いがこめられた渾身の一冊『「憧れ」の思想』、自身の波瀾に満ちた半生を語った『おゝポポイ!-その日々へ還らむ-』、臨済宗円覚寺派管長 横田南嶺老師と禅と武士道の真髄を語った対談本『風の彼方へ ―禅と武士道の生き方―』、松下幸之助の思想と人間的経営の核心に迫る『悲願へ ―松下幸之助と現代―』(以上、PHP研究所刊)、また『見よ銀幕に―草舟推奨映画―』(戸嶋靖昌記念館刊)がある。

◆ 執行草舟の詳細プロフィールはこちら
◆ 執行草舟の出版活動について知りたい方はこちら
草舟語録
草舟を語る