「時の在る風景-永遠をつなぐ-」展(2019年12月16日〈月〉~2020年4月11日〈土〉)が開催されます。/ ARTIS第2号が刊行されます。 | BIOTEC公式ホームページ 「時の在る風景-永遠をつなぐ-」展(2019年12月16日〈月〉~2020年4月11日〈土〉)が開催されます。/ ARTIS第2号が刊行されます。 – BIOTEC公式ホームページ

BIOTECお知らせ

2019/11/25「時の在る風景-永遠をつなぐ-」展(2019年12月16日〈月〉~2020年4月11日〈土〉)が開催されます。/ ARTIS第2号が刊行されます。

牧人(阿部平臣 画)

執行草舟コレクションの洋画家たちの描いた「時の在る風景」を展示します。戸嶋靖昌、平野遼他、新たにコレクションに加わる阿部平臣の絵画を初公開いたします。―― 景色は移り、人は去る。思索の筆は永遠に加えられ、いま、ここで未完となる。画家の求めた時は、果たしてどこに在ったのか。時空を超えた鑑賞のひとときをお楽しみください。
 
戸嶋靖昌記念館/執行草舟コレクション
東京都千代田区麴町1-10 バイオテックビル内
開館 平日・土曜 11:00-18:00 /日・祝休
※ご来館をご希望の方は事前にご一報ください。
Tel:03-3511-8162
 

無題(阿部平臣 画)

 

文化・芸術に関する定期刊行冊子「ARTIS」(隔月誌)第2号が発行されます(12/1より)。

隔月で刊行されている定期刊行冊子「ARTIS」(ラテン語で芸術の意)の第2号が刊行されます(12/1より)。隔月で弊館のコレクションをさまざまな切り口からご紹介する内容となっており、執行草舟へ次回展示のテーマでもある「時の在る風景」についてインタビューした記事〈芸術を語る〉のコーナーを始め、執行草舟コレクションの中から北川健次の「Object」を冒頭に紹介。また、次回展示で初公開予定で新しくコレクションに加わる福岡出身の画家 阿部平臣の作品も紹介しています。ぜひお手に取ってみて下さい。

無料で配布しておりますので、ご興味あられる方は、戸嶋靖昌記念館事務局03-3511-8162(11時~18時)まで。
 


  • 「ARTIS」表紙
  • 【目次】
     
    〈巻頭〉一点を追う      北川健次〈Object〉
    〈インタビュー〉語る芸術   時の在る風景
    〈コラム〉創造者たち     平野遼
    〈自由企画〉いま、ここで   永遠の沙漠(阿部平臣)
    〈寄稿〉私の眼        立原学「存在の岸辺」
    〈連載〉戸嶋靖昌からの手紙
        学芸便り
一覧へ戻る